BLOG

医療法人 仁医会 井口医院 職員勉強会

先日、広島安佐北区にある 医療法人 仁医会 井口医院様の職員勉強会の講師として、訪問させて頂きました。

職員45名の参加を頂きました。

勉強会の題名は「転倒転落をゼロにする為の情報共有とは?」です。

勉強会の柱は、

①情報を共有しなかったらどうなるのか?

②誰の為に情報共有をするのか?

③情報の特性、情報共有のズレの原因

④明日から出来る情報共有の3つのポイント・・・です。

 

情報は、扱う人によって、価値あるものになるのか、そうでないのかに分かれますし、

タイムリーなのか、そうでないのかでも違います。

このズレが、「言った、言わない」「聞いた、聞いてない」の元になります。

このズレを無くすために、明日からできる事を3つ提案させて頂きました。

 

『情報共有』が何故大切か、を考える前に、『情報共有』をしないと何が困るのか・・・。

 

こんな視点から、考えてみました。

1時間の講義でしたが、皆さん大変熱心に聞いて頂きました。

 

井口医院様 誠にありがとうございました。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP